志賀高原エリア

志賀高原エリアの情報

渋峠ステージ

渋峠ステージ

道の駅北信州やまのうちを出発し、片側2車線の道を登っていきます。冬季の滑り止めのためにゴムのチップが道路に埋め込んであります。雪国ならではを味わってください。県内各所に同様の舗装があります。しばらく行くと2箇所のループ橋を走ります。橋上からは信州中野が遠望できます。サンバレーまで登ると自販機があります。渋峠のヒルクライム大会のスタート地点になっています。蓮池、熊の湯、横手山とスノースポーツを楽しまれる方は普段下ってばかりいる志賀高原を登るのも一興ではないでしょうか。県境のインスタスポット渋峠ホテルを通り過ぎて数百メートル行くとゴール、国道最高地点の道標があります。群馬県側の眺望は目を奪われます。白根山のガスにやられたのか長野県側に比べ禿山です。下りは余力があれば万座方面に下り上信スカイラインで高山村方面に下って須坂経由で周回するのも良いでしょう。
笠ヶ岳峠ステージ

笠ヶ岳峠ステージ

白馬から自走で渋峠を往復する際、北風が強い時に須坂〜信州中野をエスケープするルートです。とはいえ余計に登るので時間はさほど変わりません。序盤の山田温泉から急登です。インナーローで立ち漕ぎのシーンもあります。選べるならギア比の低いものが良いでしょう山田牧場あたりで自販機やカフェがあります。牛が放牧されているので刺激しないよう。牛の近くではアブなどの虫にも注意が必要です。そこから先は補給はありません。つづら折れを淡々と登ります。景色は終盤に山留めの人工建造物が出てくるあたりが良いです。峠には茶屋があります。志賀高原方面に降る場合は狭いのと舗装が悪いのでご注意ください。
毛無峠ステージ

毛無峠ステージ

山田温泉から一旦下り、商店、自販機のある分岐から登りはじめます。そこから先は補給は一切ありません。終盤に平坦が出てくるまでは足を休める場所もありませんが白樺並木が癒してくれるでしょう。途中の分岐を下ると当時数千人が暮らしたという廃坑の奇妙な景色。道路から見える人工物は朽ちたリフトの支柱のみですがそこはかつて栄え、そして誰もいなくなった歴史があります。ゴール付近はアスファルトが割れて砂利道になっているのでパンクや転倒に注意してください。下りは舗装状態が良いのでスピードの出し過ぎにご注意ください。